防犯ライト 近所迷惑

防犯ライトは近所迷惑にならない?

防犯ライト 近所迷惑

「隣の人は何するひとぞ」という言葉もあるように、マンションや一軒家に住んでいても隣に住んでいる人がどんな人なのかわからないで住んでいる人はたくさんいると思います。

 

自分の身は自分で守るためにも防犯対策はしっかりとしておきたいところですが、防犯ライトをつけたことによってご近所トラブルに発展するということも全くないとは言い切れないようですね。

 

人によって防犯ライトの感じ方が違うのでいろんな意見があるのですが、中には不快に感じている方も少数ですが近隣住民ではいるようです。

 

何となく「監視されているような気分になる」という声もあるので、もし自分がミスターブライトを設置するときには隣の家の方が帰宅したときには反応しないように角度や取り付ける位置を確認したほうがいいでしょう。

 

もし可能であるのなら近隣の人と会ったときにでも一声かけてあげると余計なトラブルが起きることは少なくなりますね。

 

ミスターブライトは工事も配線もいらないので設置するときに周りに迷惑をかけることはありませんし、範囲も約3メートルとなっていてそれなりの範囲となっていますから、よほど近い距離間の家でなければ毎回隣の家の人が帰宅するたびに反応するということはないと思いますよ。

防犯ライトの設置は嬉しい人が多い!

防犯ライトが反応することを不快に感じる人もいますが、この意見は少数派で多くの人は設置していることに肯定的な方が多いです。

 

評価している意見としては「自分の家もついでに防犯されている感じがする」「子供が習い事をしていて夜遅く帰ることが多くなってきたから安心する」などちゃんと守ってくれている感じがするようですね。

 

もし、センサーライトを嫌うようなことがあれば、何かしら目立ちたくない理由があるのか、単に生活の導線にいつも反応するのが嫌なのかのどちらかだと思うので、設置する場所と向きだけは注意したほうがいいでしょう。

 

嫌がらせ目的でつけているわけではないという意思表示がちゃんと伝われば近隣トラブルに巻き込まれることはありません。

 

防犯ライトがあると不審者も行動しにくいと言われていますし、夜にゴミ出しをしているなど違反している人がいたら抑止力や防犯カメラに映りやすくなるなどメリットの方が多くはなりますよ。

 

防犯ライトを設置して何かあった時には明るくなる方が住んでいる町の治安は良くなりやすいですから、設置するのは悪いことではないです。

 

ミスターブライトを設置するときは周りに配慮して設置して自宅や地域の安全性を高めてみましょう。